24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 宮部みゆき - 東京下町殺人暮色 を読んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆき - 東京下町殺人暮色 を読んだ

2014 - 11/06 [Thu] - 17:48

事件の中に事件が隠されいた。
被害者であるはずの者が加害者となり、それを知った者もまた皆加害者となる。

宮部みゆき - 東京下町殺人暮色 を読んだ



考えさせられますね。
殺人事件の犯人探しから、未成年の犯罪について焦点がうつされる。
最初から警察に届けていれば、二人目の犠牲者は出なかったのだ。しかし、彼女を見捨てた男の父親は、息子が加害者となることを恐れて、将来を思いすぎたがあまりに警察に届けなかった。
そして彼女を殺害した少年たちは、父親の反応をいいことに恐喝する。「彼女がこうなったのはあんた達の責任だ」とでも言うように。
少年グループの中に弟を持つ姉は、あるきっかけでその事件を知ってしまう。弟が犯した罪のことも。
いままで散々弟に迷惑をかけられてきた。知ってしまったが、これを公に出せばまた自分に迷惑がかかる。だから言い出せない。

一つ一つの"言い出せない"が犯罪を増やしていく。

わっ と驚くようなものを期待して読んだらそれは外れるかも知れませんが、人としての在り方を考えさせられるものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/463-0afc148e

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。