24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 京極夏彦 - 鉄鼠の檻 を読んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京極夏彦 - 鉄鼠の檻 を読んだ

2014 - 07/27 [Sun] - 22:31

檻の中に閉じ込められた坊主たち
姑獲鳥の夏を再読したくなる

京極夏彦 - 鉄鼠の檻 を読んだ



仏教の禅宗をテーマに観光地として開かれようとしている箱根で、今回の惨劇は起きる。

関口のことをすっかり忘れてしまうほど
見えているのに見えていない
P512
幻覚妄想を悟りと勘違いしてしまう状況、それこそが魔境だと。
私は魔境に嵌まっていた。言葉で表せなかったものが、ここにあった。
その時、周りにいたもの皆魔境に嵌まっていた。悟りを開いた、と。そして私は本当の自分を見たのだと。

悲しい鈴。悲しい結末だった。
感想はamazonの"最も参考になったカスタマーレビュー"にとても共感する。

賛否両論の様だけど、私も魍魎の匣に次いで好きです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/431-7b811619

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。