24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 森博嗣 - そして二人だけになった を読んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣 - そして二人だけになった を読んだ

2014 - 06/12 [Thu] - 22:48

人の評価と、自分がする評価を同一と思ってはいけない。

森博嗣 - そして二人だけになった を読んだ



全ての人が、自分は犯人ではないと言う。
序盤、兄と姉が出産のため、愛の逃避行をするため、フランスへ行ったのだと解釈していた。
順番は、関係なかった。理由は、いくらでも後付出来る。
兄であれば、シェルタの中に忍び込むことはできるだろう。
部屋の中にも、何らかのプログラムを使って入ることはできただろう。
密室の中で一人ずつ殺害される。
殺害されたのは6人中4人だった。そして、二人だけになった。
そして、また彼らも二人だけにになった。

二人だけになったのは、二組居たのだ。

宮原の説と、勅使河原の説、どちが真実だろうか。
真実など、納得させる理由にすぎない、最後まで、何を信じるか、読者にお任せ、か。

ファンでも、好き嫌いが分かれる作品のようだが、私はこの狂気が好きです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/411-f8acab71

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。