24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> オンライン日記 > 日記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

2012 - 01/09 [Mon] - 22:43

一つ、カテゴリ:日常ツールで書くネタがある。
それはまだもう少し後1記事後になりそうだけども。

キャプチャ4

綺麗。
先々月に熱海の染井に宿泊して、城ケ島に行ったときに。

考えた。
最近、というより、ここ1年以上、頭をあまり回していない。
何故回さなくなったのか、ずっとわからなかった。
だからこそ、これがあるべき生き方なんだろうと。
それには、その考える時間をなくしてから、だいぶ生活が落ち着いた、問題がなくなったことに起因している。

人を、大切にすることを、躊躇するようになった。
昔より、突っ込まなくなった。突っ込むことが良いというわけではないけど。

自分を大切にしていないと、問題をこじらせる。
これは、あった。
先日、知り合いというべきか友人に、いつも何かしてもらってばかりいるので
「私に何かお願いしたいことはある?」と聞いたところ「ない」と言う。
家族でもない。愛する人でもない。この人は、なんなんだろう。それ以上は考えないようにしている。
無言で食事を終えた後、「あ~、笑ってればいいよ」「分かりました。ご馳走様でした。」といった具合。
意味がわからない。

またここ1,2か月ほどで、彼が愛する人から、+大切な人 に変わってきた。
手放したくなくなる。終わりを予想してしまう。
でもそんなことはきっとありえないとも。どこからくるのかわからない自信。
受け入れられないんだなあ。だって怖いもの。
彼はとても繊細だからこんなこと気づかれてしまうかもしれない。
気づくでなく、わかっているかな。もう。幸せを受け入れよう。そっか。わかった。自分がいかに弱者で、それを悟られぬよう、壁を作っていたか。
私も、同じことを考えていた。彼女に。笑顔が一番好き。なんて言ってのけた。
トラウマが、こうも引きずるとは、まだまだ子供だなあと笑ってしまいます。

はあ。
家で、彼といると、ずっと顔を見てる。それ以外は、時々彼の見ているテレビに目を移すか、料理をするか、掃除か、お化粧か、読書。
本当、それ以外何をしているだろう?彼はその間、ゲームや電話、テレビ、youtubeを見ている。漫画なら読めるというので、浦沢直樹 - MONSTERを買った。そう、会話もする。本当、これを世間話というのか。というようなもの。
彼が好きなんだな。しかしお互いに愛情でなく愛だと認識している。それは、以前に話し合った。彼は頭が良いから、私は敵わない(笑)
だから向上して、追いつきたいと考える。
両手で頬を触ると、温かく落ち着く。外を歩いているとき、夏だろうが手汗をかこうが彼と手を合わせる。冬ともなれば、より素早く手を差し出す。歩くゆたんぽだ。
彼が好きで、今幸せエリアに足を置いた感じかな。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/312-55bd91cf

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。