24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 森 博嗣 - 四季 夏 を読んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 博嗣 - 四季 夏 を読んだ

2012 - 01/09 [Mon] - 13:49

紅子の評価は一致した
エピローグで、すべての人への評価が一致したんだろう

森 博嗣 - 四季 夏 を読んだ

キャプチャ
 ああ喜多さんまで出てくる
 わ(笑)
 へっくんと一致した
 きっと、和やかで面白い作品である。
 途中まではそう思っていた。
 実際は、違った。

しかし喜多さんは幼き頃から手が早かったのね。
へっくんは、既に大学の図書館へ通っていた

祖父江七夏、新人の杉本、美術品専門の窃盗犯
各務亜樹良。

ロバート・スワニィ。
五年、お待ちにになって下さい。私を信じて

この頃からもう決まっていたのか?

林も。
…林が犀川。何の名前か。

林も紅子も指輪をしている。

もう終わりにする。との保呂草。
四季と保呂草の接触。

あのシリーズから、ずっと、人は一つ、一つ?
人格も体も、何をもって一つ?とよく記述されている
誰もがいくつかの自分を持っていて、なのに体は一つ。
自身のものだと呼べる体は一つ。
でも切り落とされてそれが他人が拾ったとすれば、それも自分の一つと呼べるのだろうか。

紅子も同じ葛藤をしたのか。
萌絵は、少し異なったものの、似ていましたね。

面白かった!
前作とはスピードが違っていた
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/308-2632d625

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。