24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 宮部みゆき - ドリームバスター を読んだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆき - ドリームバスター を読んだ

2010 - 01/08 [Fri] - 22:28

まず最初に、、
前回の記事で「宮沢りえの記事を投稿することになるだろうと思う」
なんてね、ちげーよw
宮部みゆきさんですね。
ちゃんと読み始める前に確認するようにします。すみません><

宮部みゆき - ドリームバスター を読んだ!

どり
 映画「ブレイブストーリー」が気に入っていて
 元々小説だと知って、。
 筋肉に惹かれてこちらを買ってしまった。。
 筋肉フェチなのです。
 でも、本の中身の方がもっと好きです。

8歳のクリスマス・イブ、道子の隣家が火事で燃えた。炎の中で踊る奇怪な人影を、再び見たのは娘の真由と同じ夢の中だった。怖しい影は二人を追いかけてきた。その時助けが…。悪夢のなかで、追いかけられたことはありませんか?16歳のシェンと師匠のマエストロが、あなたとともに、あなたを救うために闘う愛と冒険の物語。 by amazon

この紹介だけ見ると、愛と感動のストーリーと予想してしまう。
最後はそうなるのかもしれない。でも、この巻は違った。良い意味で。
物語は三章に分けられていて、第一章が衝撃的だった。
「黒い人影」がとてもリアルで、怖くて、表現の仕方等から子供向けというわけではなさそうだった。

小説の中での解決、夢の中の悪者退治を完了することができるか。
シェンの過去は何なのか、
マエストロの思いは何なのか、
リップはどうしてそうなったのか、
それぞれ疑問が残る形で終わった第三章目。

文体も好き。
そして、濃い内容、フィクションなのだけど生々しいリアルな表現に惹かれる。

映画「ブレイブ・ストーリー」を観て思ったのだけど、作者は「人」を書くのが上手なのね。
次巻まで買っておいて良かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/234-69fe96ad

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。