24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 本(・・*) > 青空のむこう を読んで(。・ω・。)ノ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空のむこう を読んで(。・ω・。)ノ

2008 - 10/19 [Sun] - 18:44

クレイモアとベルセルクがおもしろすぎる
早くあれはこないものか



最近ほんとに本を読まなくなってしまった.

4年前、アレックス シアラー - 青空のむこう を読んだ



 本を買うときは、大抵表紙の見た目や
 キャッチコピーを観ておもしろそうだと思ったら買う.
 なんていう誰にでもある選び方。
 していつも思う
 これ有名作だったんだ.

とある少年が、ある日交通事故で死んでしまった。
そこからなる 少年の死後の物語。
非現実的かと思えばそうでない

死後、「未練を残さない」という約束で自分の家族や友達のいる場所に行くことが許された。

自分が死んで、みんな悲しんで落ち込んでるのではないか。

そう思って学校に行っても すでに彼は過去の人物として時間が経ってしまえばみんな忘れてしまう
どことなく現実をつきつけられ、生きている人たちを見るにつれ、死んでしまったけど「生きたい」また好きなひとたちと一緒に居たい。
青空の向こうは、。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://denry.blog35.fc2.com/tb.php/154-906ef9f4

 | HOME | 

 

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。