24歳になった…殿のネット生活日記

  オンライン日常生活のナビゲーター   トップページ > 2009年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のデスクトップ

2009 - 11/28 [Sat] - 13:53

先月PCを買い替えたこともあり、ほとんどカスタマイズはしていませんでした。!
なので、今週デスクトップだけ、ちょこっと変えた。

dt557.png


画像500KBまでしか載せれないので...
小さい画像だけです。クリックしても拡大されません。

続きを読む »
スポンサーサイト

森博嗣 - 夏のレプリカ を読んだ

2009 - 11/26 [Thu] - 17:38

前作「幻惑の死と使途」と、時間的に同時進行しているといった内容である。
がゆえに、夏のレプリカでは偶数章しか記されていない。
題名には、どういった意味があったのか、いまだに私はわかっていないす。

森博嗣 - 夏のレプリカ を読んだ!!

なつの
 何かを定義することにより、その問題が解ける。
 しかしながら、言われた通り、「ああそうなのか」
 と思ってしまう。何度も何度も言われれば、思い込めば、
 それはそれが当たり前だと思ってしまう。
 それを別のものに定義しようと思う気持ちすら、
 はじめは誰ももっていないのかも。
 


続きを読む »

森博嗣 - 幻惑の死と使途 を読んだ

2009 - 11/15 [Sun] - 21:46

久しぶりに気分最高です



微笑むことができる要素が自然とおりこまれている
ああイイ香りー!!

森博嗣 - 幻惑の死と使途 を読んだ!!

げんわく
萌絵と犀川の深まった関係
犀川から萌絵への愛情
成長していく二人、成長した二人。
萌絵の番!と思ったら
やっぱり今日も、犀川はわかっていた!


続きを読む »

森博嗣 - まどろみ消去 を読んだ

2009 - 11/10 [Tue] - 16:52

短編集といえば、まだ笑えるものしか読んだことがなかった。

森博嗣 - まどろみ消去 を読んだ

まど
 まどろみ消去には全部で11の話がある。
 それは、多分きっと、大きくわけて3つに分けられる
 ホラー、不思議、それと、スカイクロラ。
 多分、きっと読んだ人はなんとなくわかると思う
 こういったものはどう表現すれば良いのかいつも悩む
 それで、忘れた頃にああこれだ!と思い出すのです

続きを読む »

森博嗣 - 封印再度 を読んだ

2009 - 11/04 [Wed] - 18:38

詩的私的ジャックに続く巻、「封印再度」
久しぶりに、本に集中している数日です!

森博嗣 - 封印再度 を読んだ

ふう
 「ええ!まさか!」
 と思わず口に出してしまう展開
 犀川の人間的なところが伺える。
 ちょっと犀川に情はないのかとさえ思っていたので。。
 刺激的で、ほっこりする
 そして、また次の話が気になってしまう

続きを読む »

Messenger Plus! Live を使ってカスタマイズ

2009 - 11/03 [Tue] - 17:46

最近カテゴリが本に偏っていたので;



メッセンジャーを2009に以降し、スキンもデフォルトでいくつかついてきてる...
Windows Live Messengerベータ版 ver2009を使った(。・ω・。)ノ"オゥ!!
で紹介したスキンは、メッセンジャーのみを重視するのにはとてもいいと思った
でも、デスクトップの一部とするには、できるだけ自分のデスクトップになじむもにしてみたい

Messenger Plus! Liveを使った

めせ

 フリーで使わせていただくことができ、
 既に様々なユーザーがスキンを公開している。
 自分でも作成することが可能。
 でんは自分では作っておりません;


続きを読む »

森博嗣 - 冷たい密室と博士たち を読んだ

2009 - 11/03 [Tue] - 12:16

昨夜までこの本がないないと、ずっと言っていたのだけど、、。
2列のうちの、奥の方にありましたor2=3



気分転換する必要はないのだけど、なんとなく小学館:デモナータ2章・悪魔の盗人
でも読むか!と思ったら、その隣に小さくあった。

森博嗣 - 冷たい密室と博士たち を読んだ

つめたい
 なんとなく検索してみると、
 これが本当の処女作とのこと。
 どうして印象に残らないのだろう
 「すべてがFになる」よりかは、ミステリィな気がする。
 多分これは、ちょこっとありきたりであるものだからかも知れない。


続きを読む »

森博嗣 - 詩的私的ジャック を読んだ

2009 - 11/02 [Mon] - 17:39

なんで立て続けに投稿してるかというと、、
前作「笑わない数学者」がおもしろすぎて、二冊を三日で読みました><
目が疲れてしまっても、それでも読みたくなる。これは本当に

森博嗣 - 詩的私的ジャック を読んだ

してき
 犀川が担当する生徒のロックンロール歌手
 「結城稔」に重点を置いて捜査する警察たち。
 すべてのトリックは、ここからはじまっていた。
 んー。殿はミステリィに向いてないのかと思ってしまう
 なぜなら、すべて読んでしまう前に、じっくり考えないから。
 考える前に続きを読んでしまう。。

続きを読む »

森博嗣 - 笑わない数学者 を読んだ

2009 - 11/02 [Mon] - 17:17

冷たい密室と博士たちを読んでから早数ヶ月、
このシリーズから脱線してしまっていたので、戻った

森博嗣 - 笑わない数学者 を読んだ!!

wara.png
 まだS&Mシリーズでは三冊目。
 その三冊の中で、この作品が一番好き
 その場にいるかのように、伝わってくる恐怖感、
 犀川と萌絵の繰り出すおもしろみのある会話
 多分これは、前回の二作を読んだための気持ちであって
 土台作りまで!と感激した

続きを読む »

 | HOME | 

 

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

殿

Author:殿
主婦になりました真面目なでんです。
趣味:読書・映画鑑賞・お洒落
海外ドラマ鑑賞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。